早慶附属高校への道~我が家の場合~

2018年春、長男は早慶附属高校に入学しました。中学受験か高校受験か。日比谷高校か早慶附属高校か。親子でさまざまな思いがありました。次男は中高一貫校の中学生。思うままにつづっていきます。

題名のない日記(2019/6/26)

2019年6月26日(水)

先週末。
穏やかでした。。
夫が出張で不在。


(亭主元気で留守がいい)

名言だなぁ。
その通りです、私は。
申し訳ないけれど、これが正直なところ_(..)_。
いつからでしょう。


我が家の場合は、息子たちにとっても同じらしい。

彼らのリビング滞在時間は自然と長くなります。
テレビのチャンネル権あり。
リビング勉強も気兼ねなく。
学校の話も出てくる、出てくる。

こんな家庭、どうなんでしょう。
思春期真っ只中、こんなものかな。


3月の夫婦の冷戦から3か月ほど。
どこか、わだかまりが残っています。
が、平和を保とうと、それぞれが、ちょっとずつ、がんばっている。たぶん(^-^;。


夫の気持ち。(かなりの推測)

(このメス犬を本気で怒らせたら、いつか噛みつかれるぞ)

(我が家の財務大臣(←私)を怒らせたら、いつか経済制裁を受けそうだ。これはたまらん。)



私の気持ち。

(オス犬のにらみに、負けてなるものか。
子犬達はなんとしても守って見せるぞ。)

(私は「鬼嫁」なんて、かわいいものではないぞ。
「鬼嫁」は、実は温かく、愛がある。北斗晶さんのように。
私はそんなできた妻ではないぞ。)


まあ、まあ。

やさしさ、感謝が足りないのでしょうか。
これも修行??


私の母。
「引き締める人(夫)が一人いて、ちょうどいいのよ。」


う~ん。。

(理不尽でムダな引き締めはいらないわぁ。)



☆☆☆


長男。
定期テスト中。

チェックペン、大活躍中。
我が家のチェックペンは、
ゼブラ「チェックペン アルファ」。

これ、いいです(^-^)。

どこにでも売っている赤や緑のチェックペンは、色が濃くて。
もとの文字が見えなくなってしまう。

でも、こちらのアルファは、色が明るいのです。
ピンク、明るい赤、ブルー、みどり。

なかなか売ってないのです。
私は近くの大きめ本屋さんでたまたま見つけて、買っています。
先日、5本ほど、買いだめ。
(Amazonにもあり。コスパはよくないですが。)




☆☆☆


ワセアカ特訓クラス選抜テストの結果が出ているようですね。


「落ちました」
「厳しかったです」など。

複数のメッセージを頂きました。
例年より基準も厳しくなっているのしょうか。


辛いですね。
これからどうしよう、って思いますよね。


結果がでなくて一番辛い思いをしているのは、本人です。
できなかったことを責めても、偏差値はあがりませんよ(T-T)。
私は黙っていました。
下手な慰めも、言いませんでした。
言葉が出ませんでした。


中3、6月、7月の長男の様子は、一年前のブログの通りでして。
「高校なんて、どこだっていい」という発言。
7月の塾面談で先生と目を合わせない。
どうなっていくのか、先が全く見えませんでした。


まだ、続きますよ~。

体と心の健康は、大切に。。



皆様と、皆様の大切な人を陰ながら応援しています。。

題名のない日記(2019年6月21日)

2019日6月21日(金)


先日スーパーにて。
久しぶりに会ったママ友。ご近所さん。


ママ友(中3、サッカー男子)

「○○さ~ん、、とうとう、うちも、なっちゃったよ、、受験生に。。」

私「だね~、、早いね~、、。」


ママ友「どうしよう、、、。

次男君が、中学受験のときは、大変そうだな~、って思ってたけど、、、。がんばったよね。
うち、サッカーやってる場合じゃなかったのかも(T-T)」

私「そんなことないよ~。
うちだって(次男)、これでよかったのか、わからなくて。
お金かけすぎでしょ。」


「高校受験も、これから大変だよね。。脅すわけじゃないけど笑。」



次男の小学生時代の友人たちも、受験学年になりました。
あれから3年ってことかぁ。。
中学受験、キツかったぁぁ涙。(←まだ言ってる)

こちらのママさん。
次男が最初の「合格」を手にしたとき、一緒に泣いてくれました。

「次男君も、○○さんも、がんばってたよ。
塾通いしてる所、いつも見てたよ。」って。
二人で涙。
嬉しかったなぁ。



中学受験少数派の地域で、次男を「かわいそう」
という方もいました。
学校の担任の先生もなかなか理解してくれなかったな。(←まだ言ってる(^-^;)

それでもこうやって応援してくれる人がいました。
「自分を信じて」と言ってくれる人がいました。


別の中3ママ友からも、先日ラインがきて。
今週は大事な大事な中間テストだったからですね。胃がキリキリするよ~って(^-^;。


あきらめないで~。先はまだ長いよ~。
中3生親子、ファイト~\(^^)/。
来年、「おめでとう」って言わせてね~。



☆☆☆


うちの次男も、いよいよ何か手を打たなければなりません。英語。
先日、中高一貫校生も多く通うという個別指導塾と、大手予備校に、私一人で行ってきました。
まずは、情報収集。

ふむふむ。
プロは違いますね、やはり。
私まで、やる気になってきます(^-^;。


以前は、「塾、どうしよう」といつまでも悩み、中3の夏を迎えて焦る人たちを見て、「早くすればよかったのに」などと思っていました。


傲慢でした、私は。

そっかぁ、、こういうことか。

学校の宿題も満足にできないのに、お金と時間をかけて塾にいって、それって、どうなのだろう。
そんな余裕ない。
次のテストこそ、、。
こう考えているうちに、時間が流れるんですね。


次男は、やる気を失っているわけではないです。
家庭教師に最適な兄ちゃんは、いつも忙しい。
まだ私にも教えられるレベルですが、どうもうまくいきません。
結局はお金をかけて、誰かの力を借りましょう、って、ことなんでしょう。


え~、、またもや、諭吉さまが消えていくの~??
ヒラヒラ~。


公立中の方からしたら、信じがたい話でしょうね。私立に行きながら塾に行くなんて。。
うちは、何をやっているんでしょ。


老後は2000万円必要???
そんなこと、知~らない。Σ(×_×;)。



☆☆☆


東京オリンピック観戦チケット。
見事に全部外れました~トホホ(´ω`)。

開会式、男子100メートル決勝、リレー決勝、バドミントン決勝などなど、人気のものばかり申込みしたのだから、仕方がないですね。

来年、2020年の夏。
長男、高校3年生。
附属校でなかったら、大学受験生のはずだから、東京オリンピックどころじゃなかったな。


☆☆☆


さて。

私も皆様と共にがんばります。

花束を君に♪

2019年6月15日(土)


今日も素人ブログへようこそ(^-^)。


お気づきでしょうが、過去のブログをいくつか削除、修正致しました。


修正して再度更新すると、読者登録の方にはその度に通知がいってますよね。
おそらく。
スミマセン_(..)_。
煩わしく感じる方は、遠慮することなく、解除をしてくださいね。

また、今更?なのですが、最近やっと「カテゴリー」を作成しました。
単純に、その方法がいままでわからなかった、だけです(^-^;。
余裕のある時に振り分け作業をしています。



☆☆☆


嬉しいこと、残念なことが続きました。

こちらで紹介させて頂いた新ブログが、それぞれのご事情により、幕を閉じました(T-T)。


私はどうしたらいいのか、
どうしたいのか。

なかったことにするべきなのか。
何か、お話すべきなのか。

色々と考えました。


お二方にお尋ねすれば、きっと、「お任せします」とおっしゃると思います。


関連記事は削除しました。
それは、どなたかに頼まれたわけではなく、私自身の意思で行ったことです。

新ブログのご紹介の時も同様です_(..)_。


愛読者の一人として、本音はとても残念であり、切ないです(T-T)。

でも、一番残念なお気持ちでいらっしゃるのは、ご本人様でしょうね。(勝手なことを言ってスミマセン)



☆☆☆



深呼吸して、冷静に、心穏やかに。

お二方への、私の気持ち。




心からの敬意と感謝。:*:・'°☆☆※.:*:・'°☆




私のブログを見つけて、読んでくださいました。
多くのものを頂きました。

困難を乗り越えた末の合格のご報告からは、感動を。
私への身に余るお言葉からは、安心と有り難さを。
ブログ開設のご報告からは、喜びと信頼を。
勇気と愛がたっぷり詰まった記事からは、同じく勇気と敬愛を。


ブログに置いては少し孤独だった私を強くしてくれました。

世の中には「こんなにご立派で素敵なお父様がいらっしゃるのか」と、羨望の気持ちも、かな。

そして、ラストの勇気あるご決断からは、同じく勇気と信念を。



何が正しい事なのか。

私にはよくわかりません。


それでも、確かな真実が、ここに一つ。


私の心の中にある、お二人への敬意と感謝の気持ちです。


それだけは、いつ、どんな時も、何からも、誰からも、決して乱されることはありません。

揺らぐことも、消えることもありません。



☆☆☆



偶然にも、明日は「父の日」。


お二人のお父様へ。


大変、僭越ながら。

大好きな歌のフレーズを送らせてください。



花束を君に贈ろう


どんな言葉並べても
真実にはならないから
今日は贈ろう

涙色の花束を君に



花束を君に贈ろう


言いたいこと 言いたいこと
きっと、山ほどあるけど
神様しか知らないまま
今日は贈ろう

涙色の花束を君に



花束を君に贈ろう


どんな言葉並べても
君を讃えるには足りないから
今日は贈ろう

涙色の花束を君に



(宇多田ヒカルさん。「花束を君に」♪省略あり。)





最大限の、心からの敬意と感謝を込めて。

大切なご家族との、末永いお幸せを遠くから願って。



どうもありがとうございました。


敬礼(^-^ゞ。

ワセアカのクラス編成とテスト~その3~

2019年6月12日(水)

雨の日が多いです。
梅雨ですから当たり前ですね(^-^;。

通勤、通学、通塾は、辛いです。
私も、家を出るまでがユウウツ(-_-).。oO


でも、勉強するにはいい時期ですね。


どんなドタバタな朝でも、最後は笑顔で「行ってらっしゃい」と言いたい、と毎日思ってます。
しかし、、出来ないときもあります・゜゜(ノД`)


いつになったら私は、「自分がなりたかった母」になれるのでしょう。


これは息子たちも同じかもしれません。


「なりたい自分になる」
小林麻央さんがブログを始めた時のお言葉で、聞いたときは、ズシンときました。


長男にも、次男にも、きっと「なりたい自分」があるのだろうな。。




☆☆☆


さて。

ワセアカ生でない方にとっては、つまらないお話が続きます、、スミマセン_(..)_。


もうすぐ特訓選抜テストがありますね。


もちろん、これに難なく通過するのがベストです。

そんなこと、ご本人が一番よくわかっているでしょう。
先生に散々言われて。


何度かお話してますが、長男は中3、6月の選抜テストをあと4点という点数で落としました。
詳しい結果は残ってませんし、忘れてしまいました。ゴメンナサイ_(..)_。


テストを受ける前から、「危ないな」と思っていました。
だって、家で勉強している姿は見ませんし、塾の自習室に早めに行くわけでもない。
学校でやっている気配も、この時期はなかったです。
ゲームもたくさんやっていました。


ですから、結果を聞いて、血の気が引くほどのショックはありましたが、
「あと4点」が「惜しかった」とはあまり思わずに、「よくこの状態で、ここまでこぎつけたな」というのが、正直な感想でした。


電話でも。

先生「こちらの力が足りなくて、すみません」

私「いえいえ、どんでもないです。
むしろ、あと4点というところまで取れたことが、不思議なくらいです。ありがとうございます。」


こんな会話をしました。



☆☆☆


ここからは、大変、主観的な話になってしまいます。
ちょっと、違うな、と思われる方、いらっしゃるかもしれません。

ご容赦ください。



ワセアカ中3生。
(中2生も)


この6月の特訓選抜テストで、もし落選してしまっても、絶望はしないでくださいね。。


もちろん、楽観はできません。


ワセアカの方針として、ここで合格すれば、「もう最後までクラス落ちはしないよ」というだけで、
その後の各種テストで、「上がるチャンス」は何度かあります。

(この方針、変わってないでしょうか)


頂いた体験記。

「中2の秋に入塾した時。
学校では上位10%にいたけれど、ワセアカではレギュラークラスR2。
CTテストは偏差値55。
その後、山あり谷ありで、、、。
中3の冬(←ココ、ポイント(^-^))に特訓クラスにあがりました。」

すばらしいですねぇ。。


ありがとうございます。
合格おめでとうございます。
もうブログをお読みではないかもしれません。
反応が遅くて申し訳ありません。

とても詳しく書いてくださいました。
山あり、谷あり。
笑いあり、涙あり。
個人が特定されるのことのないよう、ポツポツと、ブログに織り込ませて頂きますね。



そもそも、「ワセアカ特訓クラスに所属」すること、イコール「早慶附属合格」ではない。
絶対条件でもない。


ワセアカにいると、それがすべてであるかのような錯覚に、私も時々陥りました。
ワセアカは圧倒的な結果が出していますから、否定はしませんけれど。


ワセアカは、「そこを目指せるような力のある生徒さんが集まってきている」点も大きいでしょうね。


☆☆☆



長男は、9月の必勝コース選抜も早慶クラスにスレスレ合格。
10月はさらにどん底、という成績でしたけれど、「早慶は諦めよう」という話はなぜか、一度も出ませんでした。


「附属は早慶のみ。だめなら大学受験。」
「進学可能な高校を必ず抑えて、あとは思い切りやる」
という考えは、本人は揺らぎませんでした。

長男の従兄弟(関西在住)も国立大ですので、その影響も多少はあるかもしれません。



11月頃だったでしょうか。

私「いまの受験プランで大丈夫?」

長男「お母さん、まだそんなこと言ってるの??」

とあきれられ、それ以降、言うのをやめました。


ダメな母ですね、、トホホ(;´д`)。



また、入試が2月前半の私立高校の中で、早慶附属以外に本人にとって魅力的な学校が見つからなかった、というのも大きいでしょう。


私は、受験直前は、「もしかしたら、一校は、受かるかもしれない」と、ほんのかすか~に思っていました。
本人の落ち着いた様子(いつもなのですが)、
聞く話、
過去問の出来、などからです。
(←決して余裕ではないですよ、ココ大事。)



☆☆☆


テストに軽くクリアして、上のクラスにいるに越したことないです(^-^;。



2年前、
(この選抜テストにアタフタするような学力では、とても早慶附属なんて、受からないよ。)

というような意見をネットで見て、

(まあね、、そうだわね。。(^-^;))
とも思いました。。


そして、ある種のヒエラルキーというのでしょうか。
塾では、最上位クラスが、学力だけでなく、色んな意味で、飛び抜けていて、一目おかれたポジションじゃないですか。。

集まる生徒さんのやる気や勉強量、クラスの雰囲気も全然違うんですよね。


長男はほとんど上にいましたけれど、次男は3クラスあるうちの、真ん中にいました。

先生はとても熱心でよくしてくださったのですが、それでも、時々、切なく、不安に感じました。。
ここにいることが、ベストなのかな、大丈夫なのかな。



☆☆☆



相変わらず、何が言いたいのか、自分でもよくわかりませんし、うまくお伝えできません。

まだ6月です。

大人は「もう6月」って思うのですが、
子供たちは、「まだ6月」なんですよね。。

私も2年前は「もう」って思っていましたが、いまは、「まだ」って思うのです。




「結果的に合格したからって、調子にのって、適当なこと言わないで~<(`^´)>」
と怒られますかね。

スミマセン。_(._.)_。

受験生を支える母親としての反省点は山ほどあります。
でも、あの時は、あれが、精一杯でした。
長男よ、次男よ、勘弁しておくれ~。


皆様も、日々、やること盛りだくさんで、パンクしそうでしょうけれど、自分自身を、ご家族を何とか励まして、乗り越えていきましょう。。


皆様を陰ながら応援させてください。。
我が家にも、いつも心配で悩ましい中3生がいます。。



☆☆☆


先日の長男。

ほぼ徹夜で机に向かっていたらしい。
レポートか、何なのか、よくわかりません。

私からはもう詮索はしません。
(本音は聞きたいですが(^-^;)



では。

雨にも負けず。
ストレスにも負けず。


私も皆様と共にがんばります。。

ワセアカでのクラス編成とテスト~その2~

2019年6月8日(金)


先日のこと。


長男「赤のチェックシートある~?」

私「あるよ~、あるよ~\(^-^)/」


(おっ!!!♪ (*^▽^)♪いよいよですか?嬉しいね~)

(今月は定期テストがあります)



長男
「電車の中か、学校で、単語やる(英語)。」

駿台シス単でしょうね。



我が家の息子たちは、チェックシート勉強が大好きです。
最近は単語帳そのものが、チェックシートで隠して暗記できるよう作られていますね。

長男は中学校でも、理科や社会のワークは、まずオレンジペンで解答を書き(写し)、赤シートで隠して暗記していました。
(そのワークを提出しても、マイナス点にはならなかったみたいです。

長男は先生に「これで勉強してますから」と、言い切ったらしい。
よく認めてくれたな~)


赤やピンクのチェックペン
オレンジボールペン(時には赤)、
緑や赤のシート。

書けなくなったり、割れたりするので、いくつかストックしてあります(^-^;。

それがないから勉強できない、とは、
言わせないぞ~(^-^;。


☆☆☆


前回の続きです。


CTテスト=コンピューターテスト

ありがとうございます(^-^)。
コメント、いつも楽しく読んでます。

かすかな記憶がよみがえりました。


レギュラークラスとして受けたCTテスト。
長男は中2の時も、数回受けているんですよね。
特訓クラスから外された時に。


CTテスト結果は私もそんなには気にしていませんでした。

しかし、そうはいっても、あまりにも悪い結果だと、うろたえました。
逆に、いい結果だとそれはそれで嬉しく、かすか~な期待も膨らみました。

(いつものブレブレです(-_-;))


☆☆☆


ご参考までに。

手元にあるCTテスト結果です。


「うちには関係ないわ~(^-^)」という方が多いでしょうが、
「うちは切実です(>_<)」という方もいらっしゃいますよね、きっと。


(2017年9月~)


テスト月。英語、数学、国語。3科。の順です。
(いずれも偏差値、四捨五入)

9月。 59、72、61。 3科66。
10月。 58、57、59。 60。
11月。 58、69、58。 63。
12月。 63、65、61。 65。
1月。 65、73、67。 71。


9月、11月、1月の数学は100点。

10月は、以前のブログにもある「最大級のスランプ到来」中。((( ;゚Д゚)))。


長男本人は、10月以外の月は、ほとんど反応なし。
まあ、CTですからね。
私以上に気にしてなかったのでしょうね。


数学は、先生には「100点は当然」と言われていたようです。

100点がとれるようなテストを受けるのって、どうなのかな、意味あるのかな、と私は時々思っていました。


それでもCTとはいえ、最後の1月が最高成績であったことは、励みになりました。
総合順位で上位一桁で、記念バッチをもらいました。
(上位何名がもらえるのかは、わかりません)


その1月の志望校判定。

第一志望 早稲田本庄85%
第二志望 早稲田実業77%
第三志望 早稲田学院77%
第四志望 青山高校90%(都立)(3科目判定、内申点入力なし、なので信憑性は低いかも。)


なぜ、早稲田?笑?
毎回これらの学校が載っているので、本人が最初にかなり適当に選んで、そのあとは面倒なので、変更しなかったのでしょう。

V模擬や駿台でも、志望校を選んでマークするのが面倒、って言っていました。
なぜか、聞いたことのない茨城県の高校を選んでる時もあって、驚いたことがあります。


☆☆☆


次男。
定期テスト終了後の体調不良が、まだすっきり回復しません(ToT)。
いつもおサルみたいに元気にとびはねている次男ですが、少しおとなしいです。

色々と心配です。



☆☆☆



部活、テスト、説明会、、。
受験生とそのご家族は、忙しさで目が回りますね。。。



「どんな~未来が~、こちらを覗いてるかな~♪」♪

「どうか~未来が~、こちらに手を振ってほしい~♪」♪

最近のお気に入りの一曲。
あいみょん。ハルノヒ。♪(*^▽^)/★*☆♪



私も皆様と共にがんばります。。

ワセアカでのクラス編成とテスト

2019年6月5日(水)

6月です。:*:・'°

のび太くん、曰く。
「こんなつまらない月はない」

ふむふむ。


「6月は祝日が一日もない('ε'*)、夏休みなどもない。」と、ドラえもんに嘆いた月。

ふむふむ。その通り~。


私の弟が大のドラえもん好きで、実家には漫画かズラリとありました(大昔の話)(^-^)

我が家の中3次男は、なんと、いまでも録画して見ています(-_-;)


夫「中3にもなって、ドラえもんとは、、、、。
全く情けない。。」


確かにね。
幼いね。

まあまあ、穏やかに。
いいじゃないの、世界の名作です。


☆☆☆


さて、前回の続きです。

お待たせしました。。_(..)_。

驚かれるかもしれません。

長男が中3の時。
ある時期から、通っていた校舎での特訓クラスが、なくなりました。
理由は、特訓生の数が減ってしまったからです。

以前もお話ししたように、長男の校舎の特訓クラスは、立ち上がった時(中1の3月)も、少ない人数でのスタートでした。

他の校舎への転校、退塾、選抜漏れ、などでポツポツ減っていきました。

よって、校舎での中3最上位クラスは「レギュラークラス(R1クラス)」となり、長男もそこの所属になりました。
転校を考えた中2の2月の段階では、まだ「特訓クラス」がありました。


そして、そのR1クラスでの指導内容は、特訓クラスと通常のR1クラスの間をとったようなものでした。

それは、ワセアカのシラバス(細かい学習計画がのった冊子)を見て、私がそう感じました。

(シラバスには、各クラスが使用しているテキストや学習内容が細かく書いてあります)



・月例テストは、学力診断テスト(すべてのRクラスが受けるもの。
通称CTテスト。(←なぜCTテストっていうんでしたっけ?)

・一回の授業時間は他のRクラスと同様。
(特訓クラスより短い)
余った時間を自習に使えるので、長男はこれでよかったと、私は思いました。


・使用テキストは、特訓クラスとレギュラーのミックス(おそらく)

・長男は、数学は週2回(ここは特訓クラスと同じ)の授業がありました。

ただ、進度は特訓より少し遅かったので、特訓生が最後に使うという「上位校への数学」の「ファイナル」は、やっていません。
担当の先生が、「大丈夫」と言ったようで、長男はそれを信じていました。


・英語。
中3はテキストがとにかく多くて。
よって私も詳細はわかりませんでした。
苦手科目でしたし、レベルは合っていた思います。


・国語

知識は私が指揮をとる(突貫工事(^-^))

古文→9月以降の必勝コース(早慶クラス)で、力をつける。

シラバスによれば、特訓コースは冬になると早慶附属の過去問を通常授業内でやります。
長男もクラスでやっていたようですが、その回数は、比較すると少なめでした。


色々と不安はありましたが、志望校が早慶附属であることは、十分すぎる位、先生方には伝わっていました。
そして、何より、長男が校舎の先生をとても信頼していました。
Rクラスにいることの不安を本人が漏らすことは、ありませんでした。


後期必勝コースの存在も大きかったです。


やらなければならないことは、たくさんありました。
長男の勉強時間ではとても全てはできませんし、闇雲にあちこち手をつけても、学習が定着しないことを、本人は理解していました。


たとえぱ古い話ですが、中2の「必勝ジュニア」。
英語は一度しか行きませんでした。
(その一回も私に促されて、、渋々。)

長男「レベルが高くて、さすがに今の自分には意味がない。」

そう言われてしまうと、とてもショックでしたが、返す言葉はありませんでした。



☆☆☆


これらをお話すると、長男が在籍していた校舎がどこなのか、少なくともワセアカの先生方にはすぐにわかってしまうので、一年間言えずにいました。

いまさら、、スミマセン(ToT)。

他の生徒さんも関わることなので、具体的な時期、人数、などは、控えます。。


また、これは、かなりのレアケースだと思います。

ワセアカでは、例えば新設の校舎ですと、特訓コースがすぐに作れずに、レギュラークラスで早慶志望者の対策をすることがある、と聞きました。


☆☆☆


で、本題のアドバンス模試です。

一枚も残ってないので、成績表がどのような形式だったかさえ、記憶になくてスミマセン。
偏差値は3科目40台後半、50を超えた時もあったな~、という感じです。

必勝コースの先生が教えてくれた、各附属高校の合格率50%偏差値は、駿台模試よりアドバンス模試の方が低い数字でしたので、おそらくその程度でしょうね。


長男が受けてきたテストで、手元にある一番古いものが、中2、1月の駿台模試

で、その後の物がしばらくなくて、中3の9月以降のテストは、7割くらいありました。
(駿台早慶オープンやファイナル、CT)


また、特訓クラス選抜テスト。
結果はペーパーで出ていたのでしょうか。
(偏差値も出ていたのでしょうか。)

見た記憶がないんです。

いつも先生からの電話で、点数と、合否を知りました。

長男が持っていたのでしょうか。
選抜テストは3回くらい落としてますから、その度にガックリきて、あえて本人には深く聞きませんでした。


☆☆☆


そしてこの度、ブログを読み返して、重大な間違いに気がつきました(T-T)。

2018年10月の、「最大級のスランプ到来」の記事です。
数学は、どんなテストでも偏差値60以上だった、と書きましたが、申し訳ございません。
50の間違いですね、、。


なんて、ひどい過ちを。。
多くの方をご不安にさせてしまいましたね。
昨年度の受験生にも申し訳ないことをしました。
心よりお詫び致します。

アドバンス模試や難関チャレで常に数学だけでも60あったら、3科偏差値も全然違ってましたよね。

ブログの方は、その部分を削除しておきました。


色々と粗相がありまして、本当にスミマセン。。。



本日はこの辺りで、失礼します。。