早慶附属高校への道~我が家の場合~

2018年春、長男は早慶附属高校に入学しました。中学受験か高校受験か。日比谷高校か早慶附属高校か。親子でさまざまな思いがありました。次男は中高一貫校の中学生。思うままにつづっていきます。

知識の突貫工事~その4(国語)~

10月19日(金)

週末がまたやってきました。
受験生は、予定のない週末というのは、なかなかないでしょうね。。

健康管理も気を遣いますよね。
塾通いも、帰りはかなり冷えます。
それなのに、平気で、ロンT、一枚で出かけられると、ヒヤヒヤしたものです。


さて。

知識の突貫工事、国語編です。

9月の前半、私は早慶附属の過去問を見て、国語知識部分の出題傾向を、分析して表にしました。

過去問の最初のページに、分野別の表があります。それを少し真似して、かつ、もう少し詳しく。

慶應2校、早稲田2校(本庄と学院)、計4校。
各7~8年分。

【漢字】どんなレベルの漢字がどれくらい出ているか。→抜きだし。漢字テキストからその漢字を探してチェックをつける。

【知識】四字熟語、ことわざ、慣用句、故事成語文学史、文法、季語など。→抜き出し。

過去問の解説や回答を先に見て、調べました。

この分析結果により、国語での漢字知識の占める割合が案外大きいことがわかりました。

配点は予想らしいですが、一応それを信じて。
具体的に数字で割合を出しました。

とくに慶應義塾
漢字、知識がとても多い。
4割くらいを占める年度もありました。
しかも、易しい問題が多い。
漢字なんて、やたらと易しい。
小学校の漢字が出ていたり。
これを落とすと厳しくなるな~。
長男はこれが正しく書けるだろうか、、、、
怪しい。

表やメモを見せながら長男に話し、お互い納得して、漢字をスタートすることに決めました。
それが9月半ばくらいです。

四字熟語や慣用句、文法などは、ラスト1ヶ月位で詰めこみました。

文学史は、古典を優先してざっとやりましたが、やりきった感はありません。

さて。
効果は、、、といいますと。。

長男「わからない、忘れた。」

なんとも当てにならない。すみません。。

慶應義塾に関しては、やはり知識は多く、文法がまた出たようですし、効果があったと思っています。
(そう、思いたい。。)

慶應志木の国語は、過去問をやるとわかると思うのですが、知識の難易度がとても高いので、うちみたいな付け焼き刃的なやり方では、太刀打ちできないな、と、受験前から考えていました。
ただ、配点は少ないですね。。

どこの学校を受けるかによって、対策も変わってきますね。

国語というと、文章読解や記述対策が重要になるのでしょうけど、漢字、知識に自信があれば、確実な得点源になりますから、強いです。

かといって、もう一度中2に戻ったら、今度こそ真面目に漢字を勉強していたか、と考えると、長男はやっぱりできなかった気がします。。

しかも、自分の慶應志木の勝因は国語だったかも、記述が結構できた、、とも言っていました。

一体どっちなんだ~!?!ですね。。
相変わらず話がまとまらなくて、すみません。。


でも、これが事実でして。。
こんな感じでした、、我が家の受験。

皆さまは、どんな、受験ですか??

陰ながら応援しています。。

慶應義塾高等学校~その3~

10月17日(水)

長男。
中学生の時から、朝は弱い。ギリギリ男。
高校生になって、若干早めに行動していました。
が、、、、。
最近、元に戻ってきた~(T-T)。
(間に合ってるのかしら?!?実に怪しい。。)

遅刻数は科目ごとにカウントされますので、1時間目の成績が危うくなるのでは、、。

出た成績表を見ればわかりますから、今は見守っています。。

さて。
慶應義塾高等学校
ホームページ見てみました。
なんと、、来年の募集要項がアップされてますね。。
昨年はなかった気がします。

担任の先生に、
早慶って、ホームページに載ってないし、しかも願書、有料なんですね、驚きました。コピーさせてください。」って言われたので。。

少~し親切になりましたね(^-^)。

見たら、願書、調査書などは、形式が昨年と全く一緒でした。
昨年度の私、願書は提出する前に、調査書は白紙のを先生に渡す前にコピーして取ってありました。

願書の中の「保護者からみた本人像」という欄を見た時には、
「うわっ、、!何これ、どうしよう、、、(T-T)」と頭を抱えまして、しばらく悩みの種でした。

そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。
私の力量でも、合格がもらえましたので。
私が何を書いたか、後程、そのままお伝えしますね。

で、、。
前回のつづきです。

昨年のこと。2017年10月28日。
文化祭における生徒会主催説明会にて。

筆記試験の次に、面接のお話をしてくれました。
同じく、私のメモをそのまま転記、羅列します。

【一般入試】

面接、2回。

1回目。2(先生)対1(本人)
1教室2組同時並行なので、自分の面接に集中すること~。

自己紹介、志望動機。
落ち着いて。

2回目。

1対1。

志望動機。1回目で何をきかれたか。

【推薦入試】

推薦で入学した、という生徒さんがお話。
囲碁をアピールした、とおっしゃっていたような。。

集団面接20分。6人ごとのグループ。
作文30分。
面接10分。2対1(本人)

気になったニュース。
得意なこと。など。

こちら、私と長男が昨年の説明会で聞いた話ですので、前々回2017年入試のこと、ですね。

あと、最後に、
「一般入試の面接は、あまり気にしない方がいい。それに悩む時間があるなら、勉強してください。」
と。

(お~、、いいお話~。
ほら、ほら。長男よ、聞いてますか~??)


生徒会のみなさんは、明るくユーモアがあって、かつ、真面目で賢そうでした。

学校生活に満足し、自信と誇りを持っているのがよく伝わってきました。
前の方に座っていたので、余計にそう感じたのかもしれません。

以上、こんな感じです。

寒くなってきましたね。
体調管理にも気を遣う季節になっていきますね。

みなさまを陰ながら応援しています。。

慶應義塾高等学校~その2~

10月16日(火)

次男、中間テスト目前です。
頑張っていますが、なかなか計画通りにはいきません。
夜、勉強を始めると、すぐに眠くなってしまいます。
ムリだ~、朝勉にする!と目覚まし時計をかけますが、起きられません。。
そして、やっぱり朝勉はムリだ~、となり、また夜型に。
失敗しながら、自分にあった勉強法を見つけてほしいと思います。

長男の試験前は、完全夜型です。

お二人さんね~、もう少しどうにかなりませんかね~。こんなものですかね、テスト勉強って。

さて。

前回のつづき。
昨年、2017年10月28日のことです。
ご注意ください。

慶應義塾高等学校。文化祭にて。
生徒会主催学校説明会。

入試のお話。
前回の入試(2018年2月)は、我が家の長男の入試ですから、前々回(2017年2月)入試、2年前の内容となります。

生徒さんがお話していて、とりあえず、私がメモしてきたことをそのまま転記、羅列します。
ほんと、そのままなので、
これは???と思っても、ご勘弁ください~。。

入試要項に書いてありそうなことは、省略します。


・トイレは早めに。
・チャイムが独特。
・ガタつく机がある、注意。
(そういわれてもね、、)
・下敷きの貸し出しあり。机が汚いから。
・多少の雑音は気にしない。
(鼻をかんだり、ブツブツ言い出す受験生がいる)

【国語】
・知識が多い。文学史、敬語、文法など。
・記述は要約する能力が必要。
・問題が多いので、時間配分が大事。

【数学】
・難易度高め
・問題数多い
・計算で扱う数字が複雑
・途中式必要
・スペース小
・小問集合が難しい

【英語】
・会話文の補充なくなった
・長文2倍に
・和訳、整序
・英単語がわからなくても、前後から推測する能力をつける
・文法は大事。瞬時に埋まるように。


本当は、長男が今年の冬2018年入試を受験してますので、長男から話を聞けたら一番いいのですが。。

すみません。話しかけても、そっけないので、なかなか。。

情報がゲットできたら、こちらにアップしたいと思っています。

そういえば、長男は、2018年入試は数学が過去問よりかなり易しかった、と言って帰ってきました。
「やさしすぎ、おそらく平均点が高い」と。

長男の得意科目は数学ですから、そこで差をつけられないと厳しくなるので、 残念がっていました。

ここの国語は、ほんと、知識が多いです。
過去問を見て、私と長男は「漢字、知識をやろう」と決めました。

まだもう少し書きたいことがあるのですが、突然睡魔が襲ってきたので、次回にします。。


あなたと、あなたの大切なご家族の受験生生活を心から応援しています。。

慶應義塾高等学校~その1~

10月14日(日)

昨日は、慶應義塾高等学校の説明会があったようですね。
どんな感じだったでしょうか。
人数に圧倒されませんでしたか??

なんかね~、みんな賢そうに見えるんですよ。。
受験生だけでなく、親御さんまで(^-^;。

慶應は2次試験に面接がありますので、志望動機などに繋がるようなものを見つけられたら、いいですね。

私は、校長先生、生徒さんのお話やその他気がついたことは、とにかくメモして帰りました。
忘れてしまうので。。


それにしても、説明会の2回とも土曜日の午前中なのですね。。
不親切ですね~(^-^;。慶應って。。
長男の中学は、月一回土曜授業がありましたし、
私立の中学だったら、困りますね。

私のママ友とその娘さんは、朝のホームルームだけ出て早退扱いにしてもらい、説明会に行ってました。
あとからそれを聞いて、
「へぇ、、。そういう手段もあったのね~」と思いました。


さて。

昨年。2017年10月28日(土)
私と長男は、慶應義塾高等学校の文化祭に行きました。

既にお伝えしていますが、私と長男は文化祭での生徒会主催学校説明会に参加しました。

ちょっと見てみたら、今年もありますね。
「日吉祭」ホームページに詳細があります。
昨年は20分くらい前に開催教室に到着しても、前の方の席に座れましたけど、、今年はどうかな~。

その時のことを参考までに少しお伝えします。。

あくまでも昨年2017年のことです。
ご注意ください。

日吉の駅を降りて、すぐ目の前。
キャンパスに入り、右手奥の方が高校。

さすが、塾高~。。
どこか華やかです。女子高生もいて。

すると、、お~、「花より男子」の松潤みたいな男子がいる~、、(^-^;。
(私目線だと、、。)

文化祭パンフレットをもらって、説明会の時間まで長男と別行動。現地集合。

ウロウロしてみました。
うわっ~校舎、ボロボロ~。。
その時は工事が入ってた記憶が、、、。
そのせいか、説明会の教室に辿り着くまで、迷ってしまいました。
やはり男子校ですね~、
女子を呼び込みたいですよね~。。
そんな雰囲気を各所で感じました。

説明会教室にはいると、資料を頂きました。
学校のカラーパンフレットと、慶應義塾高校Q&Aという白黒の冊子。

生徒会の生徒さん、3~4人。
パソコンを巧みに操りながら、準備しています。

(学ランは、やはりかっこいいなぁ、、。賢そうだな~。うらやましいな~。仲間に入れて~)

私が覚えていることと、メモしてきたこと。

はじめに、、。

『本日の内容は、主観的な内容もあり、来年の入学試験のことはわからないので~、、その辺りよろしく~。僕らは責任は追わないよ~、、』のような、内容のお話。

(さすが、塾高生。賢い。ポイントは抑えます(^-^))

学校紹介のビデオ。

次に学校生活について。

・ノートパソコン持ち込みOK
・寄り道OK
・休みが多い。夏休み約50日。春休み約40日。
(ここはとても嬉しそうに、話してくれる)

・選択旅行あり。グループで行く。
・部活動が盛ん。90団体あり。
・男子校(ユーモアを交えて、ここを強調していました)

・ホームルームは木曜のみ。

などなど。。
パンフレットに書いてあることと大体同じです。
でも、生徒さんの生の声で聞くと、また魅力が増しますね。。

まだ少し続きがあるのですが、次回にします。。

秋も深まってきますね。。

あたなと、あなたの大切なご家族の受験生活を陰ながら応援しています。。

過去問~つづき~

10月12日(金)


過去問のつづきです。

少し手助けしました。
相変わらずの過保護~(^-^;。

解答用紙と、英語の解答のコピーをしました。


【解答用紙】
「実物は○○%拡大です」のような表記が解答用紙に小さく書いてありますので、その倍率でコピー。

【英語】
採点の後、英語の長文と解答の日本語訳を並べて勉強できるように、解答の方だけをコピー。

少しずつ。

声の教育社の過去問。
解答が別冊になっていたら、とても使い易いと思うのですが、あういう形式なのは何か理由があるのでしょうか。。

直近の過去問(1年前、2年前)については、塾でやるから、、という話があったようで。
自宅では3年前、4年前あたりの問題から解きました。

長男は、過去問をほとんど自宅でやっていました。「塾の自習室ではやりたくない。」と。

(受験校名をチラッとでも他の人に見られるのが嫌らしい~。。ふ~ん。。中学生、そんなものかな?)

過去問の点数が取れないと、精神的ダメージはかなり大きく、それは見ていてわかりましたから、そういう時は点数は聞けませんでした。
私も恐かったですし、、ね。。

数学で、なかなかいい点が取れた時は、嬉しそうに報告してきました。

苦手の英語は、最初は制限時間内に半分程度しか、終わらなかったり、嫌気がさして途中で放棄したり。

ですので、本来は60分で解くべき問題なのですが「とりあえず、傾向をつかむ」ことを目的と割りきって、2日間に分けて解くことを勧めてみました。

また、国語や英語の長文は同じものは2度と出ませんから、直前は過去問の長文はやらずに、知識や小問だけをつまんで過去まで遡ってみたり。

次男の時に、塾の先生に言われたこと。

「早い時期に第一志望の合格点が取れる子はいません。取れたらあと数ヶ月やることがなくなってしまいますよ。過去問は、時間配分の確認、傾向と今後の対策を知るためにやります。」

ほ~。。

塾の先生って、上手ですよね~。。

この言葉をそのまま真似して、長男にチラッと言ってみたり。
強く言ったり、タイミングを間違えると、怒りますからね。。

また、本番と全く同じように、3科目通して一気にやったことは、自宅ではありませんでした。
時間も、労力もなくて。
塾では直前にやっていましたね。

正しい方法というのがあるでしょうけど、うちはこのような感じでした。

本日はこの辺りで。。

どこかに住むどなたかを陰ながら応援しています。

過去問

10月11日(木)

受験の準備や学習、どうでしょうか。
・・・・なかなかね~。。

3学期制の学校は、これから中間テストでしょうか。

長男の中学校は10月に文化祭がありました。
公立中ですから、文化発表会といったところ。
主に、作品展と劇、文化部の発表です。
これがね~、正直、またもや、とても悩ましかったです~。。

劇の練習に朝練や夕練がたっぷりありました(TT)。

長男が、文句も言わず周りに合わせて何とかやっておりましたので、私も耐えておりましたが、モヤモヤ、イライラしましたね~。

奪われるのは時間だけじゃなくて、体力や気力も吸い取られてしまう。。

朝、早く起きるのが辛い。
下校時刻をとうに過ぎているのに帰って来ない。
塾に遅刻してしまう。

学校生活がベースにあるのは、理屈ではわかっています。。しかし、、(TT)。

もう10月だというのに~(TT)。
一体いつになったら、落ち着いて勉強に専念できるのだろう。。

行事は、生徒だけでなく、先生にとっても大きな負担になっているでしょうね。。

気持ちをぶつける所もなく、悶々とする日々は続きます。。


さて。
過去問です。

長男が過去問を開始したのは、10月の最終週でした。

ワセアカの指示は「過去問は11月から」でした。11月は定期テストもありますので、きも~ち早めにスタートしました。。


中学受験生は同じワセアカでも9月には開始しておりますので、「遅いなぁ、間に合うのかなぁ。」と私は一人で心配していました。

塾のカリキュラムとして、過去問よりも先に学習すべきことがある、早めに解いても点数がとれない、ということでしょうか。

そうはいっても、
勝つためには、敵=入試問題を知る必要があります。
過去問をざっとでも見て欲しくて、夏休みには書店やネットで購入し、長男に渡していました。

ダメですね~。。(*_*)。過保護~。
過去問くらい、自分で買わせなくては。。
私が中3生の時は、自分で書店で買ってました~。

過去問を手にしたら、普通、熱心に見ると思うんですよ。
表紙にバーンと、学校名があって、過去の入試問題です。。
こんなリアルな問題集、他にないです。

それなのに、長男、しばら~くたっても見ている気配が全くない。。
見るのが恐いのでしょうか。

結局、私が我慢できずに
「お母さんが見たいから、ちょっと貸して」と言って、リビングに戻してしまいました。

ワセアカから指示された過去問の進め方。
1週間に、1校、1年度分。3科目。

11月からですと、慶應志木入試まで13週ほど。
4校受験予定としても、1校につき、3年度分。

う~ん。。。そんなもの??
その間に期末テスト、抑え校の対策、入試もあります。
もう時間がない、と、急に焦ってきました。。

実際には、塾で一斉に過去問を解く時間もありました。

よく
「過去問を10年分やって合格した」という話、あるじゃないですか。。

とんでもない。。
長男は、塾に指示されたこのペースでこなすのが精一杯でした。。
3科目、出来ない週もありました。

解いて、採点するだけなら、楽ですけど、
そのあと、解答を読んで、理解して、解き直し。
時間は倍かかります(TT)。

難しくて、泣きたい気持ちにも、やけにもなります。。
そんな姿を見ると、私も辛くて。。
模試と違ってリアルだから、かける言葉もなくなってくるんです。

ううっ。。思い出すと涙が。。(TT)。


たかが受験、されど受験。

本日はこの辺りで失礼します。。

あなたと、あなたの大切なご家族を陰ながら応援しています。。

附属高校生の憂い

10月9日(火)

気持ちのいい秋晴れです。
寒い冬が近づいてくると思うと、私にとっては、少し寂しい季節です。

さて。

長男が現在、附属高校に通っておりますのでひいき目に見てしまい、つい、良い面ばかりを強調してしまいます。

しかし、決して入学者全員にとって「夢のような楽園」ではないでしょう。

それぞれに、悩み、心配事もあります。

長男本人、先生方、ママ友などから得た情報を元に、今の私が懸念することを少し。。

附属生は、大学受験のない変わりに??「留年」という、プレッシャーを抱えています。
もちろん、うちの長男も、です。

これは、入学してすぐに親子で実感しました。


まず担任の先生お話。

「自由があるのと同時に、自己管理が求められる。レポート提出などの波に乗れない生徒も出てくる。」

「まず、必ず学校に来てください。授業に出ない、学校に来ない生徒が出てくる。」

(ほ~。。)


また、入学して最初の成績が既に出ておりますが、その時に聞いた、校長先生から保護者へのお話。

「成績が出た後というのは、注いだ努力を受け止める時間でもある。」

「進級、進学が絡む成績の重圧に、つぶされそうになる生徒がいる」

「将来の学部選択について、家庭で会話を深めてほしい。」

どのフレーズも、身に染みるものがありました。

とくに、「成績の重圧に、つぶされそうになる」という言葉は、私にもずっしりと重く伝わりました。

定期テストといっても、その内容はもちろんそれなりに高度なもの。

他の高校ならば、何度も警告があったり、救済として補習や追試があったりするのでしょうが、そういったことが極めて少ない。

当校に詳しいママさんや長男から、「留年を恐れる感情が、文理選択、その先の学部選びにもつながっていく」話もききました。


これからどうなっていくのやら~。。


合格目指して頑張っている受験生にとっては、入学してからの心配事など、二の次、三の次、かもしれませんね~(^-^;。



皆様を陰ながら応援しています。。